少し変わった美容整形

女性

少し変わった美容整形を調べてみるとリップリフトという美容整形がありました。リップリフトとは伸びた鼻の下の皮膚を切除し、鼻の下が間延びした印象を改善させる手術です。もともと鼻の下が長い方や加齢により鼻の下が伸びてきた方にオススメできる美容整形になります。特徴としては、鼻の付け根の最も傷が目立ちにくい部分で皮膚を切開し、筋層(口輪筋)を適切に処理するため、後戻りが極めて少なくなります。最も気になるのは術後の傷ですが、精密な縫合技術によりほとんど目立たなくすることが可能なので、悩んでいる方にオススメできる美容整形となります。施術費用はクリニックにより異なりますが、平均で約20万円から25万円程度で施術を受けることができます。 また、口元の治療というと、エラの治療にも使われるボトックスを口元のに打って、口角を上げる治療があります。口角を上げることで表情が明るく柔らかくなります。また、口元にボトックスを打つことのメリットとして、ガミースマイルを改善できるということもあります。1回5万円ほどで受けることができます。次に少し変わった美容整形を調べてみると「でべその手術」という美容整形がありました。「お腹を出すのに抵抗がある」「異性に見られるのが恥ずかしい」「妊娠が原因ででべそになった」という方にオススメの美容整形です。「でべそ」は生後間もない時期に、まだおへその真下の筋肉が完全に閉じていないため、赤ちゃんが泣いたり、いきんだりしてお腹に圧力が加わった時に、筋肉のすきまから腸が飛び出てくることがあります。このおへそのとびだしが「でべそ」になります。このでべそ症状(臍ヘルニア)は、5人から10人に1人の割合でみられ、生後3ヶ月ころまで大きくなり、ひどくなる場合は直径が3cm以上にもなることもあります。しかし、ほとんどのでべそ症状(臍ヘルニア)はおなかの筋肉が発育してくる1歳頃までに自然に治るのですが、1歳から2歳を越えてもでべそ(臍ヘルニア)が残っている場合や、でべそは治ったけれども皮膚がゆるんでしまっておへそが飛び出したままになっている時には手術等の処置が必要になります。施術費用はクリニックにもよりますが、15万円から20万円程度で受けることができます。 最後に少し変わった美容整形に「手の血管の若返り治療」があります。手の甲や腕が加齢により皮膚のたるみや弾力が低下するとともに血管の壁が厚くなり皮膚表面に血管が浮き出た状態になってしまいます。人それぞれの体質や遺伝によって、生活環境にも大きく影響されますが、血管が浮き出る原因の一つに加齢が挙げられます。 加齢により血管の弾力がなくなり、血管が拡張されることにより太くなります。そのため、手や腕の血管が浮き出てきます。手の血管若返り治療である美容整形ですが、米国では治療実績が多くあり、安全な治療として認識されています。治療の対象となるのは静脈血管です。目に見える血管のほとんどは静脈血管となります。静脈血管はクモの巣のように体中に張り巡らされているので目に見えている血管の一部を塞いだとしても、血流が正常に保たれてその機能を失うことはありません。施術費用はクリニックにもよりますが、おおよそ30万円前後で受けることができます。