ワキガや多汗症治療

注射器

高額の施術費用がかかる美容整形ですが、症状によっては保険適応が可能な美容整形があります。まずは「ワキガや多汗症」です。「ワキガや多汗症」は、軽度のものであれば、塗り薬や制汗製品の使用などでもある程度の改善は可能ですが、根本的な解決を目指すのであれば、手術による汗腺の除去を行う必要があります。美容整形の中で「ワキガや多汗症」に効果的な施術がいくつかあります。まず、手軽にできて、費用もお手頃なのが、ボトックスです。ボトックスというと、エラに使うイメージがありますが、ワキガや多汗症にも効果的です。ボトックスをワキに注射すると、発汗を抑制することができるので、発汗に重要な物質である、アセチルコリンがブロックされるので、発汗が少なくなります。ボトックスのメリットはダウンタイムがほとんどないので、施術がすぐ終わり、日常生活にも支障がないことがあります。効果は切れてしまうのが難点ですが、半年ほど持続する人も多いので、1年に1回汗が気になる時期に受けるという人もいます。しかし、最も効果が高く再発しない方法は、やはり手術です。現在行われている「ワキガや多汗症」の手術法は、大きく分けて5つの施術法があります。いずれも汗腺を取り除いてしまうため、発汗がうまくできなくなるのではないかと心配される方もいると思いますが、ワキガ手術で取り除く汗腺はワキの下だけです。ワキの下の汗腺は体全体から見ればほんの一部ですから、ワキの下から汗が出なくなっても他の部分から汗が出ますので問題ありません。ワキガや多汗症治療のすべてのケースに適用できるわけではありませんが、カウンセリング時に症状の度合いを確認し、適用可能であれば、保険適用となる美容整形の治療を行えますので、相談してみましょう。